大阪 バチャータ まとめ.jp

大阪バチャータまとめ情報♪大阪でもっとバチャータ・レッスンやパーティをひらいてほしいブログです(≧▽≦)

大阪でキゾンバが踊れる場所&イベント情報♪

去年はキゾンバ講師がひとりしかいない状態でしたが、2017年になってサルサ講師がこぞってキゾンバ・レッスンをしてくれるように。

 

キゾンバ講師リスト

定期的にキゾンバ・レッスンをしている先生のご紹介です♪

(1)アリヨ先生

大阪でいち早くキゾンバ講師として活動しています(2016年から活動・京都在住)。

キゾンバ講師として単身フリーレッスン。
大阪でも月イチ程度でレッスン&パーティーひらいています。場所は下でご紹介している(2)有岡ペアのスタジオ・フロアーファンか、(2)シャルウィー・ダンスカフェが多いです。

レッスン体験の感想

教え方は親切で丁寧。好感がもてる先生ですね。ただ外国の方で日本語はカタコトです。そのためレッスンで分からない所があっても、ビミョウなニュアンスがつたわりにくい時があります。キゾンバと英会話も勉強したい!という方ならメリット大です♪

身長が180cmとお高いので身長の低い私は踊りにくかったです。残念 (>ω<、)

 

レッスン場所

アリヨ先生は、決まったスタジオをもっていないのであちこちで活動しています。

  

(2)有岡先生 Ari & Minako (Floor Fan)

ご夫婦でキゾンバを教えてくれています。

 

レッスン体験の感想

キゾンバも簡単とはいえペアダンスなのでやっぱり先生はペアのほうが分かりやすいです。男性講師だけしかいない場合、よくお気に入りの生徒さんとペアを組んでお手本にしています。

が、正直いってその女性はあくまでも生徒さん。プロではないのでどうしても“かっこよく踊れているお手本”にはならないんですよね(・ω ・)

ステップをおぼえるだけならそれでもいいのですが、それならユーチューブで十分(笑)  なのできちんとペア活動されている有岡ご夫妻ペアから習うのは、メリット大ですよ。

 

 レッスン場所

所有の固定ダンススタジオです

 

▼有岡ペア教室のフェイスブックページはこちら

>>Floor Fan公式 フェイスブック

 

(3)ミオ先生(ヴィダ・ラティーナダンスカンパニー)

バチャータレッスンのときにもおすすめしていた、ヴィダ・ラティーナダンスカンパニーのミオ先生です。笑顔がチャーミングでめっちゃスレンダー! 

 

他のレッスン(バチャータ等)では夫のレニー先生もおしえてくれるのですが、キゾンバはミオ先生おひとりです(たぶん、キゾンバはステップが簡単・女性は男性リードにまかせるだけだから、お二人で教える必要がないとお考えなのでしょう)

 

レッスン体験の感想

レッスンをうけていないので感想はありません。

 

 レッスン場所

所有の固定ダンススタジオです

 

▼ヴィダ教室のフェイスブックページはこちら

>>フェイスブック公式

 

(4)マイケル先生(シャルウィー・ダンスカフェ)

大阪では踊れるカフェバーとして老舗の「シャルウィーダンスカフェ」。運営者であるマイケル先生もキゾンバをおしえてくれます。マイケル先生はペアではなく単身活動です。

 

私のなかのマイケルさんは講師というよりも、イベンターという立ち位置ですね。パフォーマンス、ダンスバー、ダンスレッスン場を運営と幅広い。

※大阪初のキゾンバカフェバー「フレンズカフェ」を2017年オープンしたのに、たった1年未満で閉店してしまったのは、とにかく残念でした(><)

 

レッスン体験の感想

(閉店してしまったフレンズカフェで)初心者ビギナーレッスンを受けました。基礎の基礎からおしえてくれます。「ちょっとキゾンバ流行ってるみたいだから かるーくならいたい」とう方にぴったり。和気あいあいと楽しい雰囲気です。

 

それから一般的にキゾンバといえば、チークダンスのように密着系です。しかしマイケルは「エチケットとして腕のフレームをしっかりすれば、密着していなくてもリードが伝わります」というキゾンバスタイルで教えてくれます。

 

これは女性的にとっても有難いキゾンバスタイルだとおもいます。だって知らない50代・60代男性と密着チークダンスは踊りたくないですから……。

マイケル式キゾンバが、もっと流行ったらいいなとおもいます♪

補足:マイケルが教えてくれるのは「アーバン・キゾンバ」らしいです

 

 レッスン場所

サルサバー「シャルウィーダンスカフェ」で、定期的にKizombaイベントを行っています。スケジュールが流動的でフェイスブックにしか情報がありません。公式HPをつくってイベントスケジュールをきっちり更新していってほしいところ。改善に期待しています。

 

▼マイケル先生のフェイスブックページはこちら

>>フェイスブック公式